かじき

精選版 日本国語大辞典の解説

かじき【・刈敷】

〘名〙 草、木の葉を焼いたり、水に漬けて腐敗させたりして、田畑の肥料とすること。またその肥料。〔和訓栞(1777‐1862)〕〔成形図説(1804‐06)〕

かじき【

〘名〙 =かんじき()《季・冬》
色葉字類抄(1177‐81)「橇 カシキ」
※六家集本山家集(12C後)上「あらち山さかしく下だる谷もなくかじきの道をつくる白雪」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かじきの関連情報