コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


かん

細長い木片や竹片に,文字を書いたもの。紙が発明されるまでは,通信用や記録用として用いられたらしい。前者木簡と呼び,物資などの請求伝票と思われる。藤原京,平城京遺跡発掘の際,多数出土した。後者竹簡と呼び,中国では使用例があるが,日本にはない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん【簡】

[名・形動]
手軽なこと。また、そのさま。
中国で、紙の発明以前に、文字を記した竹や木の。転じて、書簡

かん【簡】[漢字項目]

[音]カン(漢) ケン(呉) [訓]ふだ てがみ はぶく えらぶ
学習漢字]6年
〈カン〉
昔、文字を書くのに用いた竹や木のふだ。「錯簡残簡断簡竹簡木簡
手紙。「貴簡手簡書簡来簡
余計な部分をはぶいてある。手を抜いてある。「簡易簡潔簡素簡単簡便簡明簡要簡略繁簡
よしあしをより分ける。「簡閲簡抜
〈ケン〉あれこれ思いはかる。「料簡了簡
[名のり]あきら・ひろ・ふみ・やすし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かん【簡】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
中国で、紙の発明される前に用いられた、竹の札。たけふだ。
手紙。書状。書簡。
簡単なこと。こみいっていないさま。
[句項目] 簡にして要を得る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【本】より


[中国,日本]
 秦がまだ天下を統一しない時代には,書物の材料は竹と木であった。竹はおおむね25~75cmの長さの簡(竹のふだ)で,これに8~30字くらいを1行に書く。30~100字くらいまでを書く必要のあるときは,ふつう90cm2の牘(とく)(木のふだ)を用いる。…

【木簡】より

…中国や日本などで,文字を書くために短尺(冊)形に削った木や竹の総称。竹の場合は竹簡ともいう。内容が一簡に書ききれないと何本も使って紐でしばるが,その形を象形して册(冊)と呼ぶ。…

※「簡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

簡の関連キーワード羽倉簡堂(はぐらかんどう)竹簡・木簡高野山文書要を得る簡易宿所羽倉外記桜田良佐木原貞勝女房の簡多紀桂山殿上の簡日給の簡簡化字繁体字札削る時の杙時の奏簡体字楊慈湖御簡

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

簡の関連情報