コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くらしき作陽大学 くらしきさくようだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

くらしき作陽大学
くらしきさくようだいがく

私立大学。 1930年高等技芸学校創立,作陽女子高等学校を経て,51年設立の作陽短期大学の音楽科を母体に,66年4年制の作陽音楽大学として発足。 96年津山市より倉敷市への移転に伴い食文化学部を新設。翌 97年現校名に改称した。仏教に基づく宗教的情操教育を重視する。音楽学部に音楽,教育音楽の2学科,食文化学部に食生活学科をおく。入学定員は 270名 (1997) 。所在地は岡山県倉敷市玉島長尾

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くらしき‐さくようだいがく〔‐サクヤウダイガク〕【くらしき作陽大学】

岡山県倉敷市にある私立大学昭和41年(1966)に作陽学園大学として開学。昭和43年(1968)に作陽音楽大学と改称し、平成9年(1997)に現校名に改称した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

くらしき作陽大学の関連情報