コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こどもの国

3件 の用語解説(こどもの国の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

こどもの国

神奈川県横浜市青葉区にあるレジャー施設。当時の日本皇太子明仁親王の成婚を記念して1965年5月5日のこどもの日オープン多摩丘陵に広がる約100haの敷地内に、牧場、ふれあい動物園、芝生の広場、スケート場、プールサッカー場、各種の屋外遊具などが整う。キャンプ場バーベキュー場もある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こどものくに【こどもの国】

児童のレクリエーションを目的とした園地。同名のものがいくつかあるが,著名なのは次の二つである。(1)神奈川県横浜市緑区東京都町田市の境にある〈こどもの国〉は,1965年皇太子御成婚記念事業として開園され,厚生省所管の特殊法人こどもの国協会が運営する。面積約90ha。多摩丘陵独特の地形や森を生かして遊戯広場,牧場,キャンプ場,サイクリングロード,スケート場などの施設が備わっている。東急田園都市線長津田駅からこどもの国線が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

こどもの国
こどものくに

神奈川県横浜市青葉区奈良町から東京都町田市三輪(みわ)町にわたる遊園地。継宮(つぐのみや)皇太子(現、明仁(あきひと)天皇)のご成婚記念に全国から集められた寄付金をもとに厚生省(現、厚生労働省)の管理で建設、1965年(昭和40)に開園。多摩丘陵内に約100万平方メートルに広がる。丘陵地形や自然林を生かして、自由広場、牧場、プール、スケート場、湖、児童公園、こども動物園、サイクリングコースなどがつくられ、レクリエーションと教養の増進に役だてようとしている。長津田駅から東京急行電鉄こどもの国線を利用するか、鶴川駅からバスの便がある。[浅香幸雄]
『池田邦二編『こどもの国三十年史』(1996・社会福祉法人こどもの国協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こどもの国の関連キーワード日本レクリエーション協会NRAJリクリエーションレクリエーション療法ウエーブクリエーション総合レクリエーション公園レクリエーションダイバーレクリエーション・コーディネーター東急レクリエーション全国スポーツレクリエーション祭

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

こどもの国の関連情報