コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多摩丘陵 たまきゅうりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多摩丘陵
たまきゅうりょう

東京都西部,多摩川境川の間にある丘陵八王子市付近から南東に延び,三浦半島に連続する。新第三紀層と関東ローム洪積層からなり,東西約 38km,南北約 12~15km,標高約 100~200m。浸食谷が発達し,狭長な谷は谷戸(やと)と呼ばれる。第2次世界大戦前は薪炭を産したが,戦後は開拓が進み,陸稲サツマイモ,ムギなどが栽培された。今日では交通の発達に伴い丘陵斜面の住宅地化が著しく,学校,遊園地も多い。その大規模なものに多摩ニュータウンがある。1950年多摩丘陵都立自然公園に指定。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たま‐きゅうりょう〔‐キウリヨウ〕【多摩丘陵】

関東地方南西部、多摩川と境川との間の丘陵。西は高尾山麓から東は横浜市まで伸びる。宅地化が進行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

多摩丘陵【たまきゅうりょう】

東京都南西部から神奈川県三浦半島の基部まで広がる丘陵。第三紀層と洪積層(関東ローム)からなり,標高100〜200m,起伏に富む。丘陵上ではかつての養蚕,木炭生産に代わって野菜,麦,サツマイモ栽培が普及し,近年は住宅地化が著しい。
→関連項目青葉[区]神奈川[県]多摩ニュータウン都筑[区]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たまきゅうりょう【多摩丘陵】

関東平野南部,多摩川と境川の間に広がる丘陵。広くは東京西郊の八王子市から南南東にのびて三浦半島へと続く丘陵地を指すが,狭義には八王子市を流れる多摩川上流の浅川と,横浜市西部を流れる帷子(かたびら)川との間の地域を指す。西は境川をはさんで相模原台地へと続き,北は多摩川をはさんで武蔵野台地へと続く。また,東はほぼ川崎市多摩区登戸~横浜市保土谷区を結ぶ線を境に下末吉台地へと連続している。多摩丘陵は地形・地質的には,これらの台地と関東山地の間の性格をもち,丘陵背面をなす多摩面と呼ばれる地形面は台地よりは古く,関東山地よりは新しい中期更新世に形成された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たまきゅうりょう【多摩丘陵】

東京都から神奈川県にかけて広がる丘陵。多摩ニュータウンなどの大規模な宅地開発が行われ、都市化が進む。史跡や公園なども多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都(神奈川県)〕多摩丘陵(たまきゅうりょう)


東京都南部から神奈川県北東部にかけて広がる丘陵。北東は多摩川、南西は境(さかい)川に挟まれる。北西から南東に高度が低くなり、八王子(はちおうじ)市付近は標高約220m、横浜市北部で約40~50mとなる。都市化が著しく、大規模な住宅都市の多摩ニュータウンほか大学校舎や研究所が多数立地。ゴルフ場多摩動物公園などレジャー施設も多い。多摩丘陵都立自然公園がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多摩丘陵
たまきゅうりょう

関東地方の南部、多摩川と境(さかい)川との間に広がる丘陵。北西は高尾山麓(さんろく)から、南東は横浜市まで延びている。地形的には、丘陵の北東側は多摩川低地で武蔵野(むさしの)台地と、西側は境川で相模原(さがみはら)台地と区別される。北西部の八王子の南が220メートル内外でもっとも高く、南東へ向かってしだいに低くなり、溝口(みぞのくち)付近からは下末吉(しもすえよし)層からなる一段低い台地となり、横浜市の山手では40~50メートルとなり、海食崖(がい)で東京湾に臨む。丘陵面は侵食されて起伏に富んでいる。
 丘陵上には縄文時代遺跡、斜面から脚部には弥生(やよい)時代や古墳時代の遺跡が多数みられて、先史時代から開けていたことが知られる。そして古代には東海道が通じ、その近くが石川・立野(たての)両牧(まき)にあてられていた。平安末期からは武蔵七党の横山、西、綴(つづき)(都筑)諸氏による開拓が行われ、鎌倉・室町時代には丘陵の中央部と南東部には鎌倉街道が通じ、古戦場跡もみられる。江戸時代には江戸と東海地方や甲州とを結ぶ中原、矢倉沢(やぐらさわ)、津久井(つくい)の諸往還が通じていた。明治に入ると相模原台地とともに桑園化されて養蚕地域となり、昭和時代には、中央部に小田急電鉄、南東部に東京急行電鉄田園都市線、第三京浜道路が開通し、多摩ニュータウンの開発進展に伴う1974年(昭和49)~1990年(平成2)北部に京王電鉄相模原線と小田急電鉄多摩線が開通、2000年には多摩都市モノレールも通じた。また、ここは日本の東西連絡の交通幹線の通路にもあたり、南部に東海道・山陽新幹線、東名高速道路が通じ、新横浜駅、川崎・横浜青葉・横浜町田各インターチェンジは交通拠点となっている。こうして京浜の近郊にある多摩丘陵には諸大学の本・分校舎や研究所、多摩ニュータウンをはじめ、いくつもの大規模住宅団地やゴルフ場、多摩動物公園、よみうりランド、こどもの国などがつくられ、京浜都市群の教育・文化・住宅・レクリエーション地区として大きく変わりつつある。[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

多摩丘陵の関連キーワード東京都埋蔵文化財センター神奈川県川崎市多摩区神奈川県川崎市麻生区神奈川県横浜市緑区多摩開発とタヌキ境川(神奈川県)よみうりランド東京都稲城市東京都多摩市こどもの国町田[市]港北[区]稲城[市]都筑[区]日野[市]多摩[市]青葉[区]鶴見[区]麻生[区]横浜[市]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多摩丘陵の関連情報