コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竿秤/棹秤 サオバカリ

デジタル大辞泉の解説

さお‐ばかり〔さを‐〕【×竿×秤/××秤】

の一。竿一端にはかる物をのせる皿または引っかける鉤(かぎ)を垂らし、その近くにつけた下げ緒をつまみ上げて支点とし、竿が水平になるまで分銅の位置を動かして重さをはかる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

竿秤/棹秤の関連キーワード掛かる・懸かる・掛る・懸る掛ける・懸けるはかり(秤)杠秤・扛秤向こう目さお秤釐等具掛ける盛出し掛る秤目皿秤秤竿初緒秤皿扛秤

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android