しくじり(読み)シクジリ

大辞林 第三版の解説

しくじり

やりそこない。失敗。 「とんだ-をしてしまった」 「馴れぬこととて何角なにかと-のみいたし/不如帰 蘆花
過失などのために、職や地位を失うこと。 「お前は飯島様を-でもしたか/怪談牡丹灯籠 円朝

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しくじり

〘名〙 (動詞「しくじる」の連用形の名詞化)
① 物事をやりそこなうこと。しそこない。やりそこない。敗。
※洒落本・女鬼産(1779)「にはかぶげんと成りしがいづれもしくじりにて此地へ返り」
過失などのために店(たな)(勤務先)の出入りを止められたり解雇されたりすること。勤めを失敗すること。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)三「留守中、出入のお屋敷を五軒までもしくじりが出来て御用止」
③ 「しくじりご(━子)」の略。
※雑俳・折句亀鑑(1764‐72)「仕くじりを貰ふ和尚も終に忙れ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しくじりの関連情報