コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どじ ドジ

デジタル大辞泉の解説

どじ〔どぢ〕

[名・形動]《歴史的仮名遣いは、通常「どぢ」とするが、語源不明》間の抜けた失敗をすること。また、そのさま。へま。「どじなまねをする」「どじな奴」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どじ

( 名 ・形動 )
〔「どぢ」とも表記した〕
まのぬけた失敗をする・こと(さま)。また、そのような人をもいう。失策。へま。 「 -をふむ」 「 -な奴やつ」 「 -を仕出かす」
[句項目] どじを踏む

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

どじの関連キーワードポリープ様声帯(声帯ポリープ様変性)賴・來・来・磊・礼・雷・頼長野県上水内郡小川村中条(長野県の地名)皮膚糸状菌の種類富士見(町)エロージョン小川(村)ウシデーク岡本 敏明中条〈村〉どじを踏む踏む・履む吾妻浄瑠璃阿久遺跡霍去病墓富安風生朝日貝塚千代田城森繁久弥

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どじの関連情報