コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どじ ドジ

デジタル大辞泉の解説

どじ〔どぢ〕

[名・形動]《歴史的仮名遣いは、通常「どぢ」とするが、語源不明》間の抜けた失敗をすること。また、そのさま。へま。「どじなまねをする」「どじな奴」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どじ

( 名 ・形動 )
〔「どぢ」とも表記した〕
まのぬけた失敗をする・こと(さま)。また、そのような人をもいう。失策。へま。 「 -をふむ」 「 -な奴やつ」 「 -を仕出かす」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

どじの関連キーワードポリープ様声帯(声帯ポリープ様変性)賴・來・来・磊・礼・雷・頼長野県上水内郡小川村中条(長野県の地名)皮膚糸状菌の種類エロージョン富士見(町)岡本 敏明小川(村)ウシデーク中条〈村〉吾妻浄瑠璃踏む・履むどじを踏むセラーズ霍去病墓仮名遣い集運材法森繁久弥朝日貝塚

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どじの関連情報