コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しめる シメル

デジタル大辞泉の解説

しめる[助動]

[助動][(しめ)|しめ|しめる|しめる|(しめれ)|(しめよ)]《使役の助動詞「しむ」の口語形》用言や助動詞「なり」「たり」などの未然形に付く。荘重な文章や講演口調の言いまわしなどに用いられる。使役の意を表す。…せる。…させる。「私をして言わしめれば、それは事実ではないと思う」→させるせる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しめる

( 助動 ) ( しめ ・しめ ・しめる ・しめる ・しめれ(しめろ・しめよ) )
〔使役の助動詞「しむ」の口語形。現在では、文章語的な表現や慣用的表現に多く用いられる〕
用言や一部の助動詞の未然形に付いて、使役、すなわち、他にある動作をさせる意を表す。せる。させる。 「相手チームの戦意を失わしめるに十分な速攻の成果だった」 「心胆を寒からしめる」 「私をして言わしめれば」 → しむ(助動)せる(助動)させる(助動)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しめるの関連情報