しゃなりしゃなり

精選版 日本国語大辞典「しゃなりしゃなり」の解説

しゃなり‐しゃなり

〙 (多く「と」を伴って用いる) 身をしなやかに動かして気取って歩くさまを表わす語。しゃならしゃならしゃなしゃな。しょなりしょなり。しょならしょなら。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉中「北沢はシャナリシャナリと事務室へ帰った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「しゃなりしゃなり」の解説

しゃなり‐しゃなり

[副]身のこなしをしなやかにし、気取って歩くさま。しゃなしゃな。しゃならしゃなら。「盛装した女性がしゃなりしゃなり(と)出てくる」
[類語]すたすたてくてくえっちらおっちらとぼとぼのこのこよちよちとことこすたこらすたこらさっさひょこひょこのそのそちょこちょこつかつかずかずか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android