しゃなりしゃなり

精選版 日本国語大辞典「しゃなりしゃなり」の解説

しゃなり‐しゃなり

〙 (多く「と」を伴って用いる) 身をしなやかに動かして気取って歩くさまを表わす語。しゃならしゃならしゃなしゃな。しょなりしょなり。しょならしょなら。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉中「北沢はシャナリシャナリと事務室へ帰った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「しゃなりしゃなり」の解説

しゃなり‐しゃなり

[副]身のこなしをしなやかにし、気取って歩くさま。しゃなしゃな。しゃならしゃなら。「盛装した女性がしゃなりしゃなり(と)出てくる」
[類語]すたすたてくてくえっちらおっちらとぼとぼのこのこよちよちとことこすたこらすたこらさっさひょこひょこのそのそちょこちょこつかつかずかずか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android