てくてく(読み)テクテク

デジタル大辞泉の解説

てく‐てく

[副]乗り物にも乗らずひたすら歩いて行くさま。「学校までてくてく(と)歩いてかよう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てくてく

( 副 )
かなりの距離を一定の速度で歩き続けるさま。 「東海道を-(と)歩き続ける」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てく‐てく

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある) 同じ調子でひたすら歩くさまを表わす語。
※落語・花見趣向(1897)〈四代目橘家円蔵〉「順礼姿になりまして〈略〉、御成街道をテクテク遣って来る道中(みちすがら)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

てくてくの関連情報