コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つかつか ツカツカ

デジタル大辞泉の解説

つか‐つか

[副]
人前などに、ためらわずに進み出るさま。「つかつか(と)歩み寄る」
不用意にものを言うさま。
「母が―と親仁殿へ話し」〈浄・油地獄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つかつか

( 副 )
ためらわずに進み出るさま。ずかずか。 「 -(と)歩み寄る」
遠慮せずにものをいうさま。ずけずけ。つけつけ。 「口に任せて-といひかけしが/三日月 浪六

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

つかつかの関連キーワード付きもない脱乾漆発才

つかつかの関連情報