よちよち

精選版 日本国語大辞典の解説

よち‐よち

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある) 幼児、老人、重い物を背負った人などが、小さな歩幅でたどたどしく歩くさまを表わす語。
※俳諧・文化句帖‐二年(1805)三月「春雨や家鴨よちよち門歩き」
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉二「爺さんが細い急な坂路をよちよちと登って来るのが見えた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よち‐よち

[副](スル)幼児などが頼りない足どりで歩くさま。「ひよこがよちよち(と)親鳥を追う」「よちよち歩き」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android