コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずんと ズント

2件 の用語解説(ずんとの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ずん‐と

[副]
他に比べて、量・質・程度などの違いがはなはだしいさま。ずっと。ぐんと。「去年よりもずんと背が伸びた」
「それよりも―好いは」〈一葉たけくらべ
動作を勢いよくすばやくするさま。
「こう引立って居て―下すから」〈円朝真景累ヶ淵
下にくる語の意味を強調する気持ちを表す。ずんど。
㋐すっかり。まったく。
「後来(のちのち)の迷惑―承知」〈紅葉不言不語
㋑(下に打消しの語を伴って)ちっとも。全然。
「その鉄道なるものが、僕の頭には―はっきりしなかったのである」〈蘆花思出の記

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ずんと

( 副 )
〔古くは「づんと」とも書いた〕
程度のはなはだしいさま。大きな開きがあるさま。ずっと。 「 -若く見える」 「このはうが手つとりばやくて、-ましでござりますわい/桐一葉 逍遥
ためらわずに勢いよく事を行うさま。 「逃げんとするをとらへて-削いで/咄本・昨日は今日」
(下に打ち消しの語を伴って)決して。少しも。とんと。 「僕の頭には-瞭然はつきりしなかつた/思出の記 蘆花

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ずんとの関連情報