コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずんと ズント

デジタル大辞泉の解説

ずん‐と

[副]
他に比べて、量・質・程度などの違いがはなはだしいさま。ずっと。ぐんと。「去年よりもずんと背が伸びた」
「それよりも―好いは」〈一葉たけくらべ
動作を勢いよくすばやくするさま。
「こう引立って居て―下すから」〈円朝・真景累ヶ淵〉
下にくる語の意味を強調する気持ちを表す。ずんど。
㋐すっかり。まったく。
「後来(のちのち)の迷惑―承知」〈紅葉不言不語
㋑(下に打消しの語を伴って)ちっとも。全然。
「その鉄道なるものが、僕の頭には―はっきりしなかったのである」〈蘆花思出の記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ずんと

( 副 )
〔古くは「づんと」とも書いた〕
程度のはなはだしいさま。大きな開きがあるさま。ずっと。 「 -若く見える」 「このはうが手つとりばやくて、-ましでござりますわい/桐一葉 逍遥
ためらわずに勢いよく事を行うさま。 「逃げんとするをとらへて-削いで/咄本・昨日は今日」
(下に打ち消しの語を伴って)決して。少しも。とんと。 「僕の頭には-瞭然はつきりしなかつた/思出の記 蘆花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ずんとの関連キーワード仕舞い物・仕舞物仕上げる片手擲りずんど悪い虫桐一葉ずん

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ずんとの関連情報