コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

せんべい(煎餅) せんべい

百科事典マイペディアの解説

せんべい(煎餅)【せんべい】

干菓子の一種。奈良時代に中国から伝わった唐菓子から変化し,江戸時代に各種の形状が作られたといわれる。小麦粉主材にするものと米粉を主材にするものとに大別され,前者は小麦粉をこね,砂糖,調味料,香味料などを加えて鉄の型に入れて焼く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんべい【せんべい(煎餅)】

干菓子の一種。古くから中国にあったもので,《荆楚歳時記(けいそさいじき)》に名が見えている。それは《和名抄》のいうごとく,小麦粉をこねて油で焼き,あるいは揚げたものだったようである。日本では奈良時代につくられており,煎(い)った餅の意で〈いりもちい〉と呼ばれ,何枚という数え方をされていた。現在では,小麦粉を主材料とするものと米の粉を用いるものとがあるが,もちろん前者が古代中国以来の系譜をひくものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

せんべい(煎餅)の関連キーワードあられ(霰)干菓子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

せんべい(煎餅)の関連情報