せんべい(煎餅)(読み)せんべい

百科事典マイペディアの解説

干菓子の一種。奈良時代に中国から伝わった唐菓子から変化し,江戸時代に各種の形状が作られたといわれる。小麦粉を主材にするものと米を主材にするものとに大別され,前者は小麦粉をこね,砂糖,調味料,香味料などを加えて鉄の型に入れて焼く。材料により卵,カステラ,みそ,カルルス(鉱泉)など,形状によりの子,,巻せんなどがあり,地方名物として青森県の南部煎餅(黒ゴマ入),群馬県の磯部煎餅(鉱泉入)などがある。米粉を主体とする煎餅塩煎餅ともいい,埼玉県の草加煎餅が代表的である。うるち米粉をこねて蒸し,薄く伸ばして,丸く型抜きして乾燥し,醤で付焼にする。厚焼,薄焼をはじめ形状や配合する香味料によって種類が多い。また(もち)を主材とした小型のあられがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

干菓子の一種。古くから中国にあったもので,《荆楚歳時記(けいそさいじき)》に名が見えている。それは《和名抄》のいうごとく,小麦粉をこねて油で焼き,あるいは揚げたものだったようである。日本では奈良時代につくられており,煎(い)った餅ので〈いりもちい〉と呼ばれ,何枚という数え方をされていた。現在では,小麦粉を主材料とするものと米の粉を用いるものとがあるが,もちろん前者が古代中国以来の系譜をひくものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android