コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

せんべい(煎餅) せんべい

2件 の用語解説(せんべい(煎餅)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

せんべい(煎餅)【せんべい】

干菓子の一種。奈良時代に中国から伝わった唐菓子から変化し,江戸時代に各種の形状が作られたといわれる。小麦粉を主材にするものと米粉を主材にするものとに大別され,前者は小麦粉をこね,砂糖,調味料,香味料などを加えて鉄の型に入れて焼く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せんべい【せんべい(煎餅)】

干菓子の一種。古くから中国にあったもので,《荆楚歳時記(けいそさいじき)》に名が見えている。それは《和名抄》のいうごとく,小麦粉をこねて油で焼き,あるいは揚げたものだったようである。日本では奈良時代につくられており,煎(い)った餅の意で〈いりもちい〉と呼ばれ,何枚という数え方をされていた。現在では,小麦粉を主材料とするものと米の粉を用いるものとがあるが,もちろん前者が古代中国以来の系譜をひくものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

せんべい(煎餅)の関連キーワード干菓子最中桃山羊羹落雁半生菓子煎り菓子打ち菓子雲錦粔籹/興

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone