コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たじたじ タジタジ

デジタル大辞泉の解説

たじ‐たじ〔たぢたぢ〕

[副]
困難に直面したり、相手の力に圧倒されたりしてひるむさま。「鋭い質問にたじたじとなる」
足もとがおぼつかないさま。よろよろ。
「突かれて孝助―と石へ躓(つまず)き」〈円朝怪談牡丹灯籠

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たじたじ

( 副 )
相手の気勢や力に圧倒されて後ずさりするさま。ひるんでしりごみするさま。 「大の男も-となる」 「 -の体てい
足もとが定まらずよろよろとするさま。 「突れて孝助-と石へ躓つまづき尻もちをつく/怪談牡丹灯籠 円朝

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

たじたじの関連キーワードじたじた大の男

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たじたじの関連情報