ちょんちょん(読み)チョンチョン

デジタル大辞泉の解説

ちょん‐ちょん

[名]仮名の右肩につける濁点。
[副]
拍子木を続けて打つ音。「ちょんちょんと柝(き)が入って幕が開く」
はねるような小さい動作を繰り返すさま。「棒の先でちょんちょんとつつく」「小鳥がちょんちょんと枝を渡っている」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょんちょん

[1] ( 副 )
(多く「と」を伴う)
拍子木などを、続けて打つときに出る音を表す語。 「柝が-と入って幕になる」
小さな物が少しずつ何度も、軽やかに飛ぶように動くさま。また、何度も軽く物に触れるさま。 「雀が庭先を-(と)横切る」 「包丁を-と入れて出来上がりだ」
[3] ( 名 )
何かの印として打つ点々。仮名に付ける濁点や、踊り字など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょん‐ちょん

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
拍子木を続けて短く打つ音を表わす語。
※歌舞伎・伊勢平氏栄花暦(1782)三立(暫)「ちょんちょんのきっかけにて、築地の道具残らず横へ引いて取る」
② 手をたたく音を表わす語。
※洒落本・広街一寸間遊(1778)「また手を、チョンチョン。『ハイ引』」
③ 刃物などで物を切るさまを表わす語。
※咄本・富来話有智(1774)曲切「包丁(ほうてう)を取ってたうふをきる。其はやきこと、中々祇園などの及ぶことではなし。チョンチョンと切て仕廻へは」
④ 刀などで互いに斬り合うさまを表わす語。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉六四「二人で大勢を相手にチョンチョン切結んでをりましたが」
⑤ 軽いもの小さいものが、軽くリズミカルに動くさまを表わす語。
※俳諧・七番日記‐文化一一年(1814)七月「下手虫ちょんちょん機をおりにけり」
⑥ 雀の鳴き声のように、小うるさくしゃべるさまを表わす語。
※評判記・けしずみ(1677)「ちょんちょんのちょんとさへづるおとこ」
[2] 〘名〙
① 仮名につける濁点のことをいう。
② 歌舞伎で、拍子木を打ちながら、幕を引くこと。幕切れに打つ拍子木。また、幕切れをいう。
※戯場訓蒙図彙(1803)三「チョンチョン、拍子幕を言也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちょんちょんの関連情報