ちょんちょん

精選版 日本国語大辞典「ちょんちょん」の解説

ちょん‐ちょん

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
拍子木を続けて短く打つ音を表わす語。
※歌舞伎・伊勢平氏栄花暦(1782)三立(暫)「ちょんちょんのきっかけにて、築地の道具残らず横へ引いて取る」
② 手をたたく音を表わす語。
※洒落本・広街一寸間遊(1778)「また手を、チョンチョン。『ハイ引』」
③ 刃物などで物を切るさまを表わす語。
※咄本・富来話有智(1774)曲切「包丁(ほうてう)を取ってたうふをきる。其はやきこと、中々祇園などの及ぶことではなし。チョンチョンと切て仕廻へは」
④ 刀などで互いに斬り合うさまを表わす語。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉六四「二人で大勢を相手にチョンチョン切結んでをりましたが」
⑤ 軽いもの小さいものが、軽くリズミカルに動くさまを表わす語。
※俳諧・七番日記‐文化一一年(1814)七月「下手虫ちょんちょん機をおりにけり」
⑥ 雀の鳴き声のように、小うるさくしゃべるさまを表わす語。
※評判記・けしずみ(1677)「ちょんちょんのちょんとさへづるおとこ」
[2] 〘名〙
① 仮名につける濁点のことをいう。
② 歌舞伎で、拍子木を打ちながら、幕を引くこと。幕切れに打つ拍子木。また、幕切れをいう。
※戯場訓蒙図彙(1803)三「チョンチョン、拍子幕を言也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ちょんちょん」の解説

ちょん‐ちょん

[名]仮名の右肩につける濁点。
[副]
拍子木を続けて打つ音。「ちょんちょんと柝(き)が入って幕が開く」
はねるような小さい動作を繰り返すさま。「棒の先でちょんちょんとつつく」「小鳥がちょんちょんと枝を渡っている」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android