コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てんつつ テンツツ

大辞林 第三版の解説

てんつつ

〔三味線の音色から出た語〕
歌舞伎の下座音楽の一。人物が忙しく出入りするときに用いる二上がりの合方。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のてんつつの言及

【歌舞伎】より

…また,その囃子。 てんつつ人物の忙しい出入りに用いられる合方。曲名の由来は弾き出しの口三味線による。…

※「てんつつ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android