てんつつ(読み)テンツツ

大辞林 第三版の解説

てんつつ

〔三味線の音色から出た語〕
歌舞伎の下座音楽の一。人物が忙しく出入りするときに用いる二上がりの合方。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐つつ

[1] 〘副〙 三味線の音を表わす語。
[2] 〘名〙 歌舞伎下座音楽の一つ。三味線の音テンツツを繰り返す二上りの合方。脇三味線が地を弾くと立(たて)三味線が替手を弾いて変化をつける。人物が忙しく出入りする時に用いる。
※歌舞伎・助六廓夜桜(1779)「トてんつつになり、花道より七兵衛、白酒の荷をかたげ出て来て、花道の中程に留まる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のてんつつの言及

【歌舞伎】より

…また,その囃子。 てんつつ人物の忙しい出入りに用いられる合方。曲名の由来は弾き出しの口三味線による。…

※「てんつつ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android