コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とある とある

大辞林 第三版の解説

とある

( 連体 )
偶然目についたり行き当たったりした場所であることを示す。その辺の。ある。 「下町の-店に立ち寄る」 「 -山寺に行きついた」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

とあるの関連キーワードウィリアムソン:ピアノ・ソナタ第3番/piano soloとあるカードの加点収集カードジェー・シー・スタッフプレスター・ジョン伝説とある魔術の禁書目録自分を好きになる方法グランドミステリーバーバー・ハーバー倭人の身だしなみソラリゼーション硝子のハンマー宣はく・曰く惑星9の休日パリティ指数有りとし有る亀の上の山加茂一揆佐々目郷持て成し歌徳説話

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とあるの関連情報