コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻堂 つじどう

4件 の用語解説(辻堂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

辻堂
つじどう

神奈川県南部,藤沢市西部の地区。湘南砂丘帯にあり,昭和初期から京浜の別荘地,保養地。第2次世界大戦後は住宅地となり,南部にあった旧海軍の演習場は住宅団地や大学敷地になっている。 JR東海道本線の辻堂駅付近には商店街が形成され,沿線に電機,特殊鋼などの工場も立地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つじ‐どう〔‐ダウ〕【×辻堂】

道ばたに建っている仏堂。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つじどう【辻堂】

四つ辻や道端に建ててある小さな仏堂。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

辻堂
つじどう

神奈川県藤沢(ふじさわ)市南西部の地区。JR東海道本線、国道134号(旧、湘南(しょうなん)道路)ほか主要地方道(旧、大山(おおやま)街道ほか)が通ずる。もと一帯は湘南砂丘帯(浜堤(ひんてい)列)で松林に覆われ、ショウロ(松露)やハツタケ(初茸)の産や、魚の豊かな海で知られ、幕末には砲術場も設けられていた。大正の関東大震災後は京浜向きの住宅地、休養地として開発され、第二次世界大戦中には京浜の工場疎開地域、また戦後は湘南工業地域としての開発が著しい。県立辻堂海浜公園が設置され、公園内に交通展示館があり、また海水浴場となっている。湘南工科大学の所在地。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の辻堂の言及

【辻】より

…石川県金沢では市場,長崎県南高来郡布津では道の追分,奈良県吉野郡では山道の合した所をいう。 交通の要衝である辻には古来,道祖神をまつった辻社や辻堂など,種々の施設が置かれた。鎌倉時代の京都では,辻ごとに篝屋(かがりや)が置かれ,終夜篝火をたいて盗賊を防ぎ市中を守ったし,戦国時代になると,公家や町衆がみずから釘貫(くぎぬき)(門)や櫓を構築して町を自衛した。…

※「辻堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

辻堂の関連キーワード神奈川県藤沢市打戻神奈川県藤沢市片瀬神奈川県藤沢市片瀬海岸神奈川県藤沢市川名神奈川県藤沢市湘南台神奈川県藤沢市西富神奈川県藤沢市西俣野神奈川県藤沢市藤沢神奈川県藤沢市本藤沢神奈川県藤沢市南藤沢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

辻堂の関連情報