コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻堂 つじどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

辻堂
つじどう

神奈川県南部,藤沢市西部の地区。湘南砂丘帯にあり,昭和初期から京浜の別荘地,保養地。第2次世界大戦後は住宅地となり,南部にあった旧海軍の演習場は住宅団地や大学敷地になっている。 JR東海道本線の堂駅付近には商店街が形成され,沿線電機特殊鋼などの工場も立地。海岸は夏季海水浴場としてにぎわい,県立の辻堂海浜公園がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つじ‐どう〔‐ダウ〕【×辻堂】

道ばたに建っている仏堂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つじどう【辻堂】

四つ辻や道端に建ててある小さな仏堂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

辻堂
つじどう

神奈川県藤沢(ふじさわ)市南西部の地区。JR東海道本線、国道134号(旧、湘南(しょうなん)道路)ほか主要地方道(旧、大山(おおやま)街道ほか)が通ずる。もと一帯は湘南砂丘帯(浜堤(ひんてい)列)で松林に覆われ、ショウロ(松露)やハツタケ(初茸)の産や、魚の豊かな海で知られ、幕末には砲術場も設けられていた。大正の関東大震災後は京浜向きの住宅地、休養地として開発され、第二次世界大戦中には京浜の工場疎開地域、また戦後は湘南工業地域としての開発が著しい。県立辻堂海浜公園が設置され、公園内に交通展示館があり、また海水浴場となっている。湘南工科大学の所在地。[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の辻堂の言及

【辻】より

…石川県金沢では市場,長崎県南高来郡布津では道の追分,奈良県吉野郡では山道の合した所をいう。 交通の要衝である辻には古来,道祖神をまつった辻社や辻堂など,種々の施設が置かれた。鎌倉時代の京都では,辻ごとに篝屋(かがりや)が置かれ,終夜篝火をたいて盗賊を防ぎ市中を守ったし,戦国時代になると,公家や町衆がみずから釘貫(くぎぬき)(門)や櫓を構築して町を自衛した。…

※「辻堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

辻堂の関連キーワード神奈川県藤沢市辻堂西海岸ニュー・クイック大塔(奈良県)湘南工科大学小俣絵里佳藤沢(市)だんまりキーパー協同油脂大庭城大宮踊四つ辻十津川道端木賃

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辻堂の関連情報