コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どやどや ドヤドヤ

デジタル大辞泉の解説

どや‐どや

[副]大勢が群れになって、騒々しく移動するさま。「会場からどやどや(と)人が出てくる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どやどや

( 副 )
大勢が騒がしく出入りするさま。 「 -(と)部屋に入ってきた」
大勢が集まり騒ぐさま。 「 -として大いさかひになりければ/仮名草子・浮世物語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のどやどやの言及

【四天王寺】より

…寺外は繁華街として変貌したが,寺域,伽藍配置はほとんど変動せず,同じ位置に再建され,造営時の配置を知るうえで貴重な存在である。法会,行事は,正月の修正会(どやどや),太子を祖とする大工の祭りである手斧始(ちようなはじめ),4月22日太子忌日に六時堂前の石舞台で舞楽を奏する聖霊会(しようりようえ),6月30日愛染まつり,8月9日千日詣など,大阪市民の年中行事として親しまれている。とくに春秋の彼岸と8月の盂蘭盆(うらぼん)には近畿一円からの参詣者が境内を埋めつくし,経木をもち,亀の井で水を手向けて供養し,諸堂の読経と線香の煙と引導鐘の音が絶えることなく終日にぎわう。…

※「どやどや」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

どやどやの関連キーワード入り違えるどろどろ浮世物語どやく群れ会場乱調大勢

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android