コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どしどし ドシドシ

デジタル大辞泉の解説

どし‐どし

[副]
物事が引き続いて起こったり、行われたりするさま。どんどん。「仕事をどしどし(と)かたづける」
「家を―取り毀(こわ)させてしまったので」〈太宰・右大臣実朝〉
遠慮なく行うさま。「どしどし(と)質問をしてください」
荒々しく足音を立てる音を表す語。「土足でどしどし(と)歩く」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どしどし

( 副 )
物事が次から次へと続くさま。 「 -(と)片付ける」 「応募者が-来るに違ひない/社会百面相 魯庵
遠慮のないさま。 「 -(と)言いつけてください」
足音高く歩くさま。 「二階の廊下を-と歩く」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

どしどしの関連キーワードじゃんじゃんどしめく土足廊下魯庵

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どしどしの関連情報