コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

救荒食品

2件 の用語解説(救荒食品の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

救荒食品

 通常は食用にしないが,食物が不足したときに食べる食物.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

救荒食品
きゅうこうしょくひん

凶作などの天災時、または戦時などの食糧不足のときに、応急的につくるものや採取して食糧とするものを一般に救荒食品という。山野に自生する植物や、普通、食用としない魚、昆虫、動物などを含む多種多様のものをいう。時代により変遷があり、国や地域によって相違がある。野生の植物としては昔からワラビゼンマイヨモギ、クズ、ヤマユリヒガンバナのような野草や、ササの実、ソテツトチノキクヌギクルミ、カヤなどの木の実ヤマブドウアケビ、グミなどの山野の果実がある。ソテツの実のように、発癌(はつがん)物質が含まれていて、これを十分な水ざらしで抜く必要のあるものや、ヒガンバナの球根、ドングリのように、デンプンに富むが、毒成分や渋を十分に抜いて使用する必要のあるものがあり、昔は、このような知識もかなり普及していた。しかし、凶作となってから代用食を探すのでは限りがあるため、生産手段の発達とともに、代用となる作物をあらかじめ栽培して凶作に備えるようになった。これを救荒作物という。救荒作物の条件としては、不順な気候ややせ地でも生育可能で、雑草や病害虫に強く、生育・成熟が早い、主食の代用となりうるだけの十分なエネルギー量をもっていること、などがあげられる。救荒作物には、サツマイモ、ジャガイモ、サトイモ、キクイモなどのいも類と、ヒエやソバなどの雑穀類がある。政治的には、災害だけでなく、自給率の低下などを踏まえ、備蓄米などの食糧の確保が課題となっている。[河野友美・星川清親・山口米子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone