コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ねじめ正一 ネジメショウイチ

デジタル大辞泉の解説

ねじめ‐しょういち〔‐シヤウイチ〕【ねじめ正一】

[1948~ ]詩人小説家。東京の生まれ。本姓、禰寝(ねじめ)。民芸店を営む傍ら詩を書き、饒舌(じょうぜつ)な作風パフォーマンス現代詩の大衆化に力を尽くした。「高円寺純情商店街」で直木賞を受賞し、その後は小説・エッセー重点を移す。他に「熊谷突撃商店」「眼鏡屋直次郎」、詩集」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ねじめ正一 ねじめ-しょういち

1948- 昭和後期-平成時代の詩人,作家。
昭和23年6月16日生まれ。東京阿佐谷で家業の民芸店をいとなみながら詩作し,昭和56年詩の大衆化,芸能化を意識した第1詩集「ふ」でH氏賞,平成元年には「高円寺純情商店街」で直木賞をうける。20年「荒地の恋」で中央公論文芸賞。ほかに詩集「下駄履き寸劇」「脳膜メンマ」,随筆「ねじめの歯ぎしり」など。東京出身。青山学院大中退。本名は禰寝(ねじめ)正一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ねじめ正一の関連情報