コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ねじ回し ねじまわしscrewdriver

翻訳|screwdriver

4件 の用語解説(ねじ回しの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ねじ回し
ねじまわし
screwdriver

小ねじタッピンねじ木ねじ類の取付け,取りはずしに用いる作業工具の総称。ねじ類のすりわりに先端部を入れ,手で回して取付け,取りはずしを行う。一字穴つきのものに用いる一字ねじ回し (マイナスドライバ) と,十字穴つきのものに用いる十字ねじ回し (プラスドライバ) とがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ねじ回し【ねじまわし】

ドライバー(スクリュードライバーの略)とも。頭にすり割り溝のあるねじ類のねじ込み,取りはずしに用いる手工具。鋼棒に柄をつけたもので,先端が平形の一般用をマイナスドライバー,十字形のプラスねじ用をプラスドライバーともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねじまわし【ねじ回し screwdriver】

ドライバーともいう。ねじ頭にみぞ(すり割りという)のある小ねじ類の締付けおよび取外し用工具。本体と握部の結合方法によって本体が握部の途中までしか埋め込まれていない普通形,貫通している貫通形があり,後者のほうががんじょうである。さらに,ねじりモーメント試験から普通級と強力級がある。また相手のねじ頭のすり割りの形に応じて,ふつうの一文字形用をマイナスドライバー,十字形用をプラスドライバーともいう。マイナスドライバーの呼び寸法は,先端部の幅と本体の長さ(両者ともmm)の組合せで表示され,4.5×50から10×300まで8種類,プラスドライバーは本体の長さによって呼び番号1番(長さ75mm)から4番(長さ200mm)まで4種類,それぞれ幅と厚さの関係や十字形みぞの寸法がJIS決まっていて,ねじのすり割りに合理的に合うようになっているので,選定に注意が必要である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ねじ回し
ねじまわし

各種のねじをねじ込んだり、または取り外すために用いられる工具。英語でスクリュードライバーscrewdriver、略してドライバーともいう。鋼製の棒の先端を直線状に成形し、他端に木、プラスチックなどの握りを取り付けたものが普通である。一般に小さなねじに用いられる。ねじの頭部についている直線状の溝に、ねじ回しの先端の直線部を入れてねじを回転させる。直線状の先端をもつマイナスねじ回しと、十字穴付きねじに使用するプラスねじ回しとがある。先端が直線状のねじ回しは、溝の大きさにあったものを使用しないと、ねじ回しの先端部またはねじの頭部を損傷するので注意を要する。[中山秀太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ねじ回しの関連情報