のう(読み)ノウ

デジタル大辞泉の解説

のう[終助・間助]

[終助]文末の種々の語に付く。話し手の感動を表す。「ちょっと見ないうちに大きくなったのう」「よくやったのう
「又ささに酔はしられたものぢゃ―」〈虎明狂・乞聟〉
[間助]念を押す意を表す。「だがのう、まだ死ぬわけにはいかんのじゃ」→なあ
「それを誰が問へば―、よしなのとはずがたりや」〈閑吟集
[補説]「のう」は、もとは「なう」の形で中世後期以降用いられたが、近代以降は「ね」「ねえ」「なあ」が一般化し、現在では主に、方言として西日本で用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のう

〔終助詞・間投助詞「な」から。一説に終助詞・間投助詞「の」からとも〕
( 終助 )
文末にあって、活用語の終止形や助詞に接続する。感動や詠嘆の意を表す。 「お前もよく頑張った-」 「まして母とても尋ねぬよ-/謡曲・隅田川」
( 間投助 )
文節末に付いて、相手に言い聞かせるような気持ちを添える。 「昔は-、ここらも閑静な所だったものだ」 「人とはば-、やうじ木きるとおしあれ/閑吟集」 〔中世後期以降の語。
は現在ではやや古めかしい言い方にのみ用いられる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

のう なう

〘感動〙
① 相手に呼びかけるときに発することば。もし。の。〔名語記(1275)〕
※太平記(14C後)一一「是はなう母御、何くへ行給ふぞ」
② 感情の高ぶった時に発することば。ああ。
謡曲・隅田川(1432頃)「のう親類とても親とても、尋ねぬこそ理なれ」

のう なう

〘間投助〙 (助詞「な」の変化したもの) 文節末にあって感動を表わす。
※謡曲・隅田川(1432頃)「まして母とても尋ねぬよのう」
[補注]語源については終助詞「の」の長音化とする説がある(湯沢幸吉郎「徳川時代言語の研究」「江戸言葉の研究」)。しかし、「ロドリゲス日本大文典」の例が nǒ と開長音で記されているところから「な」から分化したものとする説もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

のうの関連情報