コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のう ノウ

デジタル大辞泉の解説

のう[終助・間助]

[終助]文末の種々の語に付く。話し手の感動を表す。「ちょっと見ないうちに大きくなったのう」「よくやったのう
「又ささに酔はしられたものぢゃ―」〈虎明狂・乞聟〉
[間助]念を押す意を表す。「だがのう、まだ死ぬわけにはいかんのじゃ」→なあ
「それを誰が問へば―、よしなのとはずがたりや」〈閑吟集
[補説]「のう」は、もとは「なう」の形で中世後期以降用いられたが、近代以降は「ね」「ねえ」「なあ」が一般化し、現在では主に、方言として西日本で用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のう

〔終助詞・間投助詞「な」から。一説に終助詞・間投助詞「の」からとも〕
( 終助 )
文末にあって、活用語の終止形や助詞に接続する。感動や詠嘆の意を表す。 「お前もよく頑張った-」 「まして母とても尋ねぬよ-/謡曲・隅田川」
( 間投助 )
文節末に付いて、相手に言い聞かせるような気持ちを添える。 「昔は-、ここらも閑静な所だったものだ」 「人とはば-、やうじ木きるとおしあれ/閑吟集」 〔中世後期以降の語。
は現在ではやや古めかしい言い方にのみ用いられる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

のうの関連キーワード香川県仲多度郡まんのう町吉野香川県仲多度郡まんのう町神野フォーマルハウト潔子内親王恬子内親王井上内親王アゲート天智天皇尾張平野美濃平野秀良親王元明天皇懐良親王葛井親王敦実親王明正天皇反正天皇山ノ上町砂じょう慶光天皇

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

のうの関連情報