コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のう ノウ

2件 の用語解説(のうの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のう[終助・間助]

[終助]文末の種々の語に付く。話し手の感動を表す。「ちょっと見ないうちに大きくなったのう」「よくやったのう
「又ささに酔はしられたものぢゃ―」〈虎明狂・乞聟〉
[間助]念を押す意を表す。「だがのう、まだ死ぬわけにはいかんのじゃ」→なあ
「それを誰が問へば―、よしなのとはずがたりや」〈閑吟集
[補説]「のう」は、もとは「なう」の形で中世後期以降用いられたが、近代以降は「ね」「ねえ」「なあ」が一般化し、現在では主に、方言として西日本で用いられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のう

〔終助詞・間投助詞「な」から。一説に終助詞・間投助詞「の」からとも〕
( 終助 )
文末にあって、活用語の終止形や助詞に接続する。感動や詠嘆の意を表す。 「お前もよく頑張った-」 「まして母とても尋ねぬよ-/謡曲・隅田川」
( 間投助 )
文節末に付いて、相手に言い聞かせるような気持ちを添える。 「昔は-、ここらも閑静な所だったものだ」 「人とはば-、やうじ木きるとおしあれ/閑吟集」 〔中世後期以降の語。は現在ではやや古めかしい言い方にのみ用いられる〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

のうの関連情報