(読み)ネ

デジタル大辞泉の解説

ね[五十音]

五十音図ナ行の第4音。歯茎鼻音の有声子音[n]と母音[e]とから成る音節。[ne]
平仮名「ね」は「祢」の草体から。片仮名「ネ」は「祢」の偏から。

ね[感]

[感]親しみをこめて呼びかけたり、念を押したりするときに言う語。「、聞いて」「、いいよね」

ね[助動]

[助動]《完了の助動詞「ぬ」の命令形》⇒[助動]
[助動]《打消しの助動詞「ぬ」の已然形》⇒[助動]

ね[終助・間助]

[終助]文末の種々の語に付く。
軽い感動・詠嘆の意を表す。「いい眺めです」「よくしゃべる人だわ
相手の同意・返答などを期待する意を表す。「君の郷里は青森でした」「そろそろ出かけよう
自分の考え・気持ちを主張する意を表す。「その方法はまずい」「彼はりっぱな人だと思います
《上代語》動詞・動詞型活用語の未然形、禁止の「な…そ」に付いて、他に対してあつらえ望む意を表す。…てほしい。
「この岡に菜摘ます児(こ)家聞かな名告(の)らさ―」〈・一〉
「大き海の水底照らし沈く玉斎(いは)ひて取らむ風な吹きそ―」〈・一三一九〉
[間助]文節の切れ目に付いて、相手の注意をひくように語勢を添えたり、語調を整えたりする意を表す。「しかし、こっちだって、都合があるんだよ」
「あれから―、わたしを送ってやらうとって」〈滑・浮世風呂・二〉
[補説]13は近世後期以降話し言葉に用いられる。同じ用法の助詞「な」よりも語勢は柔らかい。「ねえ」となることもある。

ね[接尾]

[接尾]《上代語》人を表す名詞に付いて、親愛の意を表す。「いろ」「な

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

五十音図ナ行第四段の仮名。歯茎鼻音の有声子音と前舌の半狭母音とから成る音節。
平仮名「ね」は「祢(禰)」の草体。片仮名「ネ」は「祢(禰)」の偏。

( 感 )
親愛の気持ちをこめて、呼びかけたり念を押したりするときに用いる語。 「 -、そうでしょう」

( 助動 )
〔打ち消しの助動詞「ず」の已然形〕
〔完了の助動詞「ぬ」の命令形〕 ⇒ ぬ(助動)

( 終助 )
〔上代語〕
文末にあって、動詞および動詞型活用の助動詞の未然形、禁止の「な…そ」の「そ」に接続する。他者に対して、その行動の実現をあつらえ望む意を表す。…てほしい。 「ありねよし対馬の渡り海中わたなかに幣取り向けてはや帰り来-/万葉集 62」 「高円の野辺の秋萩な散りそ-君が形見に見つつ偲しぬはむ/万葉集 233

〔近世江戸語以降の語。「ねえ」の形でも用いられる〕
( 終助 )
文の末尾に用いられる。
軽い詠嘆を表す。 「皆さん仲良しでいいわ-」 「あら、すてきな洋服-」
軽く念を押す気持ちを表す。 「ぼくの気持ちとは違うようだ-」 「そんな気がします-」
相手の同意を求める気持ちを表す。 「ほんとにあした来て-」 「遅刻しちゃってごめんなさい-」
(多く疑問を表す語と共に用いて)問いかける気持ちを表す。 「それはいったい何か-」 「あの方、どなたでいらっしゃいましょう-」
( 間投助 )
文節の末尾に付いて用いられる。語勢を添えたり、声のつなぎとしたりするために、適宜文節末にさしはさまれる。
「町へ出て、それから-、映画を見たんだ」 「私-、その秘密知っているの」
(「あのね」「だね(ですね)」「そうだね(そうですね)」などの形で)感動詞的に用いられる。 「あの-、お願いがあるの」 「そうだ-、やっぱり難しいな」

( 接尾 )
〔上代語〕
人を表す語に付いて、親しみの気持ちを添える。男にも女にも用いる。 「妹いもな-が/万葉集 1800」 「な-、汝命/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


五十音図第5行第4段の仮名。平仮名の「ね」は「祢」の草体から、片仮名の「ネ」は「」の偏からできたものである。万葉仮名では「尼、泥、、年、禰、涅(以上音仮名)、根、宿(以上訓仮名)」などが使われた。ほかに草仮名としては「(祢)」「(年)」「(子)」「(念)」などがある。
 音韻的には/ne/で、舌先と上歯茎との間を閉じた舌内鼻音の[n]を子音にもつ。中央語では室町時代の末ごろまで連声(れんじょう)が盛んで、これによって生じた「ね」もあった(「輪廻(リンネ)」「尊詠(ソンネイ)」……)。[上野和昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

動〙 親しみをこめて、呼びかけたり念を押したりする時にいう。
滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「何でも引立(ひったて)られねへ程の鰹が三十六文さ。ネ、おまへ。肝の潰れた話だネ」

〘終助〙 文末にあって動詞型活用の未然形および禁止の「な…そ」をうけ、他者行動の実現を希望する意を表わす上代語。下に感動の「も」の添った「ねも」の形もある。→補注
※古事記(712)上・歌謡「うれたくも 鳴くなる鳥か この鳥も 打ち止(や)め こせ(ネ)
※万葉(8C後)五・八〇〇「石本より 成りてし人か 汝が名告らさ(ネ)
※万葉(8C後)二〇・四三三五「今替る新防人が船出する海原の上に浪な開(さ)きそ(ネ)
[補注]他者の行動の実現を希望する助詞には、このほか「なも」「なむ」があるが、これらは三人称的なものの行動・状態に関するものであり、しかも実現可能度の低い場合が多いのに対して、「ね」は二人称的なものの行動の実現を願い、その実現可能度が高い。その点、命令形に近い表現と言い得る。

〘間投助〙 文節の終わりに付けて、相手に念を押し、あるいは軽い感動を表わす。
洒落本・一向不通替善運(1788)「コヲおとさん、とんだけふはさむい
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「いづれサ、他人の飯をたべねば、他の想像(おもひやり)がございませんのさ」
※蓼喰ふ虫(1928‐29)〈谷崎潤一郎〉四「ぢゃ、まだ子供には何も話してないんだ?━」
[補注](1)「浮世風呂」では男女とも同じように使用している。待遇的には、下位者から上位者に対して、また上層の対等のもの同士が用い、「ます」「ございます」などの丁寧語に続く例も多い。
(2)現代東京語では男女で接続上の違いがみられ、男性語は「ね」の前に「だ・か」がきて「そうだね」「そうかね」のように、女性語は「わ・よ」がきて「そうだわね」「そうよね」のように用いることが多い。「です」「ます」に付く「そうですね」などは男女両用。

〘接尾〙 男女を問わず、親愛・尊敬の気持で相手を呼ぶときに用いる語。上代語「いろね」「なね」など。ただし、それぞれ「いろと(同母弟)」「なおと(汝弟)」と対をなして用いられるので、この「ね」は接尾語でなく、「え(兄)」の変化した形とも考えられる。

[2] (完了の助動詞「ぬ」の命令形) ⇒ぬ〔助動〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ねの関連情報