コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のです ノデス

2件 の用語解説(のですの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

の◦です

[連語]《準体助詞「の」+断定の助動詞「です」》「のだ」の意の丁寧な表現。
理由や根拠を強調した断定の意を表す。「注意をしないからけがをする―◦です」
(「のですか」の形で)相手に対する要求・詰問の意を表す。「事故の損害賠償はどうしてくれる―◦ですか」
(多く「のでした」の形で)事柄のようすやあり方を強調して説明する意を表す。「彼は彼なりに努力をしている―◦でした」
[補説]話し言葉では「んです」の形をとることが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

のです

( 連語 )
〔準体助詞「の」に丁寧の助動詞「です」の付いたもの。話し言葉では「んです」となることも多い〕
「のだ(連語)」の丁寧な言い方。
原因・理由・根拠などの説明を強く述べる。 「雪が降っているせいか、いつもより参会者は少ない-・です」 「会の運営がうまくいかないのは会員全体の責任な-・です」
(「のですか」の形で)詰問的に強い質問を言い表す。 「この責任はどのようにとってくれる-・ですか」 「前から頼んでおいてあるのに、いつ直しに来てくれるんですか」
(「のでした」の形で)事態の説明をやや詠嘆的に言い表す。 「度重なる不幸にもめげず、あの人は着々と仕事を進めている-・でした」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のですの関連キーワード準体助詞だてだろうでしょうななりなのだなのですならでのだのだろう

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

のですの関連情報