コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のらぼう菜

デジタル大辞泉プラスの解説

のらぼう菜

東京都、埼玉県などで生産される葉物野菜アブラナ科の野菜。江戸時代に「闍婆菜(じゃばな)」の名で菜種油をとるために幕府から種子が配られたのが栽培の始まりとされ、その後若菜食用にするようになった。苦味がなく、おひたしや天ぷらなどにして食する。東京では、江戸東京野菜普及推進連絡協議会により「江戸東京野菜」に認定されている。「野良坊菜」の表記もある。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

のらぼう‐な【のらぼう菜】

アブラナ科の野菜。東京西郊・埼玉などで栽培される。春に収穫され、葉や茎をおひたし・天ぷらなどにする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

のらぼう菜[葉茎菜類]
のらぼうな

関東地方、東京都の地域ブランド。
あきる野市で生産されている。アブラナ科の野菜。江戸時代、天明天保飢饉が起こったとき、のらぼう菜のおかげでこの地域の住民たちが救われたという。旬は3月中旬〜4月下旬。花茎を摘んで食材とする菜類のなかでは、甘みがありくせのない味。さっぱりと食べられるのが特徴。春を告げる味覚として親しまれている。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

のらぼう菜の関連キーワードあきる野市関東地方

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

のらぼう菜の関連情報