ぱちくり

精選版 日本国語大辞典「ぱちくり」の解説

ぱちくり

① 驚いたりあきれたりする際に、盛んに大きくまばたくさまを表わす語。
※桐一葉(1894‐95)〈坪内逍遙〉二「目ばかりぱちくりあきるる顔」
扇子などを小さく開け閉めするさまを表わす語。
※すみだ川(1909)〈永井荷風〉一「稽古のすむまで縁近くに坐って扇子をぱちくりさせながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ぱちくり」の解説

ぱちくり

[副](スル)驚いたりあきれたりしたときなどに、まばたきするさま。「目をぱちくり(と)させる」
[類語]まばたくまたたまじろぐしばたたくぱちつかせるしょぼしょぼきょときょときょろきょろぎょろぎょろじろじろじろりきょろりぎょろりそわそわ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android