ぱちくり(読み)パチクリ

デジタル大辞泉の解説

[副](スル)驚いたりあきれたりしたときなどに、まばたきするさま。「目をぱちくり(と)させる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙
① 驚いたりあきれたりする際に、盛んに大きくまばたくさまを表わす語。
※桐一葉(1894‐95)〈坪内逍遙〉二「目ばかりぱちくりあきるる顔」
② 扇子などを小さく開け閉めするさまを表わす語。
※すみだ川(1909)〈永井荷風〉一「稽古のすむまで縁近くに坐って扇子をぱちくりさせながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android