コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瞬く シバタク

デジタル大辞泉の解説

しば‐た・く【瞬く】

[動カ五(四)]しばたたく」の音変化。「目を―・く」

ま‐たた・く【瞬く】

[動カ五(四)]《「目(ま)叩(たた)く」の意。古くは「まだたく」とも》
まぶたを瞬間的に開けたり閉じたりする。まばたく。「しきりに目を―・く」
光がちらちらする。光が明滅する。「沖にいさり火が―・く」「―・く星」
《灯火が消えそうに明滅するさまから》なんとか生き長らえている。
「冥途(よみぢ)のほだしに持てわづらひ聞こえてなむ―・き侍る」〈・玉鬘〉

ま‐ばた・く【瞬く】

[動カ五(四)]まばたきをする。またたく。「―・いて合図する」
[派生]まばたける

め‐たた・く【瞬く/目×叩く】

[動カ四]まばたきをする。またたく。
「八蔵が首打ち落とせし早業は―・く間の稲妻なり」〈浄・丹波与作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しばたく【瞬く】

( 動五[四] )
〔「しばたたく」の転〕
しばたたく」に同じ。 「目を-・く」

またたく【瞬く】

( 動五[四] )
〔「目叩く」の意。「まだたく」とも〕
まぶたをぱちぱち開けたり閉じたりする。まばたきをする。 「目を-・く」
灯火や星が消えそうになってちらちらする。 「町の灯が-・く」 「星が-・く夜」
やっと生きている。 「よみぢのほだしにもて煩ひ聞えてなむ-・き侍る/源氏 玉鬘
[可能] またたける
[句項目] 瞬く間

まばたく【瞬く】

( 動五[四] )
まばたきをする。またたく。 「まぶしそうに-・く」
灯火などが明滅する。またたく。 「星が-・く」
[可能] まばたける

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

瞬くの関連キーワードヴィンチェンツァ パストレッリテリ・リン キャリントンミカエル シルヴェストルウェスレイ スナイデルジャスティン ビーバーPARKJUNGMIN白川 軍八郎(初代)ジョバ チェンバレンクレイジーケンバンドオーエン コルファーマーク ジェイコブズニーナ パーションブラッド デルソンエッグスンシングススミッソン(夫妻)コンビニコーヒーパラマウント映画リウ シャオチンツイン・ピークスアジア通貨危機

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瞬くの関連情報