ひじ山遺跡(読み)ひじやまいせき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ひじ山遺跡
ひじやまいせき

岐阜県高山市江名子町諏訪(すわ)が洞、俗称ひじ山の台上畑地に所在の縄文文化早期の押型文土器を主に、前期、中期、さらに弥生(やよい)文化の土器片も発見されている遺跡。1930年代初頭、当時高山に在住の江馬修(えまなかし)が本遺跡出土の土器片、石器類などを多数採集し、これらの資料を1933年(昭和8)、江馬らによって設立された飛騨(ひだ)考古学会(のちに飛騨考古土俗学会)でさらに収集、研究し、八幡一郎、山内清男(やまのうちすがお)らの指導を得、山内は「江名子ひじ山の土器について」を発表、江馬は「飛騨における古式縄文土器」を発表、その後、江馬が赤木清の筆名で「ひじ山遺跡」に関する研究を連載した。押型文土器文化研究史上に欠くことのできない遺跡である。[江坂輝彌]
『赤木清「江名子ひじ山の石器時代遺跡 1~7」(『ひだびと』4―5~8、11所収・1936・飛騨考古土俗学会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android