ぽっち(読み)ポッチ

デジタル大辞泉の解説

ぽっち

[名]小さな突起。小さな点。ぼっち。ぽち。「ぽっちを押す」
[接尾]指示代名詞や数量を表す語に付いて、それだけの数量しかない意を表す。上の語との間に促音が入って、「っぽっち」の形で用いることが多い。「たった100円ぽっち」「これっぽっち」「それっぽっちの土地」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぽっち

〔「ぽち(点)」の転〕
[0] ( 名 )
小さく突き出た部分。 「 -を押す」
( 接尾 )
指示代名詞や数を表す語に付いて、数量の少ないことを強調したり非難したりする気持ちを表す。わずか…だけ。ぽち。 「これっ-では足りない」 「千円-では少なすぎる」 〔上の語との間に促音が入って「っぽっち」の形で用いることが多い〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぽっち

[1] 〘名〙 (「ぽち」の変化した語) 小さい点。また、器具などのちょっと突き出た部分。ちょぼ。
※落語・浮世話(1893)〈三代目三遊亭円遊〉「『蓋はね』『無駄ん成りませんねへ、ポッチを噬(くは)へて矢受けに致した』」
[2] 〘接尾〙 代名詞や小さな数量を表わす名詞に付いて、それだけの数量しかない意を表わす。ばかり。だけ。ぽち。「これっぽっち」など。
※真理の春(1930)〈細田民樹〉森井コンツェルン「五千円ぽっちのお金を貸してくれと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぽっちの関連情報