コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ままの川 ままのかわ

3件 の用語解説(ままの川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ままの川
ままのかわ

地歌・箏曲の曲名。京風手事物菊岡検校松野検校の合作。三弦を菊岡検校,箏を松野検校が作曲したと思われる。作詞は宮腰夢蝶。詞章は,夢とも浮世ともつかない遊女のせつない恋心を川の縁語で綴りながら,ままになれという意味を込めて「ままの川」と歌いおさめる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ままのかわ【ままの川】

地歌・箏曲の曲名。三味線菊岡検校(1792‐1847),箏は松野検校(1834年登官)作曲による京風手事物。作詞は宮腰夢蝶で,夢蝶の名をよみ込んで,成行きまかせの遊女の恋を歌っている。手事物にしては手事部分が短く,歌の旋律に凝った端歌物的な曲。冒頭の〈夢が浮世か 浮世が夢か 夢てふ里に住みながら〉は義太夫節壺坂霊験記》の〈沢市内の段〉の初めに用いられている。【久保田 敏子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ままの川
ままのかわ

地歌箏曲(そうきょく)の曲名。宮腰夢蝶(むちょう)作詞、菊岡検校(きくおかけんぎょう)・松野検校作曲。京風手事物(てごともの)の代表曲ともいわれ、曲はつややかで叙情味に富む。三絃(さんげん)は二上(にあが)り。箏(こと)は平調子。遊女の不本意な寄る辺のない日々の生活に、投げやりなすてばちの心情を吐露した歌詞で、止(と)めの語句が曲名になっている。「夢か浮世か浮世が夢か」の冒頭の部分は義太夫(ぎだゆう)『壺坂(つぼさか)霊験記』沢市(さわいち)内の段の冒頭で、もの寂しい情景を添える置唄(おきうた)として用いられている。[林喜代弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ままの川の関連キーワード楫枕笹の露八重衣磯千鳥御山獅子末の契茶音頭八重崎検校(2)四季の詠(四季の眺)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone