みなみじゅうじ座(南十字座)(読み)みなみじゅうじざ(英語表記)Crux

  • みなみじゅうじ座(南十字座) Crux

翻訳|crux

世界大百科事典 第2版の解説

略号はCru南天の天の川沿いにある南十字星Southern Crossを主体とした星座。プトレマイオス時代はまだケンタウルス座の一部に属し,1592年にイギリスのモリノーEmerie Mollineuxの天球儀に初めて南十字星が描かれ,ロアイエAugstin Royerの星図(1627)で正式に星座として分離された。南端のα星(1.6等と2.1等の二重星,合成等級0.8等)から左まわりにβ星(1.3等),γ星(1.6等と6.4等の二重星),δ星(2.8等)とB型の輝星が十字形を描き,δ星,α星の間にε星(3.6等,K3型)が1点を投じ十字の輪郭をひきしめる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android