コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みなみじゅうじ座(南十字座) みなみじゅうじざCrux

翻訳|Crux

1件 の用語解説(みなみじゅうじ座(南十字座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みなみじゅうじざ【みなみじゅうじ座(南十字座) Crux】

略号はCru。南天の天の川沿いにある南十字星Southern Crossを主体とした星座。プトレマイオス時代はまだケンタウルス座の一部に属し,1592年にイギリスのモリノーEmerie Mollineuxの天球儀に初めて南十字星が描かれ,ロアイエAugstin Royerの星図(1627)で正式に星座として分離された。南端のα星(1.6等と2.1等の二重星,合成等級0.8等)から左まわりにβ星(1.3等),γ星(1.6等と6.4等の二重星),δ星(2.8等)とB型の輝星が十字形を描き,δ星,α星の間にε星(3.6等,K3型)が1点を投じ十字の輪郭をひきしめる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone