コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケンタウルス座 ケンタウルスざ Centaurus

翻訳|Centaurus

6件 の用語解説(ケンタウルス座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケンタウルス座
ケンタウルスざ
Centaurus

概略位置は赤経 13時 20分,赤緯-47°で,うみへび座おとめ座の南にある南天の星座。6月の宵に南中するが,日本の本州では地平線下に一部沈んでいる。α星,β星はともに北緯 29°以南でしか見られない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ケンタウルス‐ざ【ケンタウルス座】

南天の星座の一。6月上旬の午後8時ごろ南中、日本では南の地平線上に一部が見える。ω(オメガ)星団は4等星。α(アルファ)星マイナス0.3等で明るく、恒星の中で最も地球に近距離の4.3光年にある星。名称はギリシャ神話ケンタウロスにちなむ。学名〈ラテン〉Centaurus

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ケンタウルス座【ケンタウルスざ】

6月上旬の夕方,南の地平線上に上半分が見える星座。α,βの2個の1等星を含み,プロキシマケンタウリ太陽系に最も近い恒星(4.28光年),ωは球状星団(NGC5139)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ケンタウルスざ【ケンタウルス座 Centaurus】

略号はCen。南天の星座。ケンタウルス(ケンタウロス)は上半身が人間,下半身が馬の姿というギリシア神話に活躍する一族である。この星座の南縁,天の川の中にα,βの両輝星が並び輝く。その西隣に南十字星がある。α星は光度0.7等,G2型の星と光度0.8等,K1型の星からなる実視連星軌道周期80.089年,半長軸17.″665である。1838年ヘンダーソンT.Henderson(1798‐1844)はケープ天文台でこの星を観測し,年周視差の測定に成功した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ケンタウルスざ【ケンタウルス座】

6月初旬の宵に、南の地平線近くを通る星座。アルファ星は日本からは見えないが、明るさマイナス0.3等で全天第三の輝星。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケンタウルス座
けんたうるすざ

6月初旬の宵、南の地平線上に上半身だけ姿を見せる星座。日本でも沖縄付近ではほぼ全身を見ることができる。上半身が人間、下半身が馬という粗暴なふるまいをするケンタウロスの姿で、固有名ではなく半人半馬族全体のことをさした星座名である。上半身の部分にはオメガ・ケンタウリ星団(ω(オメガ)星団)という肉眼でも見える明るい球状星団があり、明るさはおよそ4等星ほどである。昔は1個の星とみなされていたため、恒星につけられるギリシア文字ωがつけられていたが、実体は距離1万7000光年のところにある星の大集団だった。オメガ・ケンタウリ星団は東京では真南に昇りつめても地平線上わずか7度程度にしかならないので、みつけにくい。ケンタウロスの足元部分には、太陽にいちばん近い恒星として有名な0.1等のα(アルファ)星がある。距離は4.4光年で、グアム島やハワイでは春に見やすくなる。[藤井 旭]
『藤井旭著『春の星座』(1989・金の星社) ▽作花一志著『星空ウォッチングのすすめ』(1996・オーム社) ▽デイビッド・マリン著、長谷川哲夫訳『デイビッド・マリンの驚異の大宇宙』(2000・ニュートンプレス) ▽野尻抱影著『星座のはなし』(ちくま文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケンタウルス座の関連キーワード帆座αケンタウリ南の三角座リギルケンタウルスおおかみ座(狼座)オメガ・ケンタウリ星団じょうぎ座(定規座)ふうちょう座(風鳥座)みなみじゅうじ座(南十字座)みなみのさんかく座(南三角座)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケンタウルス座の関連情報