コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みにくいアヒルの子

3件 の用語解説(みにくいアヒルの子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

みにくいアヒルの子

日本のテレビドラマ。放映はフジテレビ系列(1996年4月~6月)。全11回。脚本:水橋文美江ほか。主題歌松山千春。出演:岸谷五朗、常盤貴子、河相我聞ほか。小学校を舞台とするヒューマンドラマ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みにくいあひるのこ【みにくいアヒルの子】

《原題、〈デンマークDen grimme Ællingアンデルセンの童話。1843年発表。アヒルの群れで一羽だけ異なる姿のためにいじめられていた雛(ひな)は、実は美しい白鳥の子であったという話。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

みにくいアヒルの子
みにくいあひるのこ
Den grimme lling

アンデルセンの童話。1843年作。一羽だけ大きく醜く生まれたアヒルの子が、ほかのアヒルたちからいじめられ、農家を逃げ出し、ようやく住み着いたおばあさんの所でも、ネコやニワトリにばかにされて安住できない。氷の中でのつらい冬が過ぎて春がきたとき、アヒルの子は自分でも知らないうちに大空を飛ぶことができるようになっていた。あるお屋敷を巡る堀割に飛んできて、先着の白鳥や子供たちから歓待され、自分が美しい白鳥なのを発見する。童話で書いた作者の自伝というべき作で、彼の苦しかった半生や、そこで体得した人生観をよく示している。[山室 静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みにくいアヒルの子の関連キーワードイヴこいまちGOLDショカツ白い春BRANDBOSSムコ殿めだかラスフレ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

みにくいアヒルの子の関連情報