みふくらぎ(読み)ミフクラギ

デジタル大辞泉の解説

み‐ふくらぎ

キョウチクトウ科の常緑小高木。キョウチクトウに似た五裂する筒型の白い花をつける。インド半島・東南アジア・琉球諸島などに分布種子や乳液に毒があり、殺鼠剤(さっそざい)などに用いられる。名称は、触れると目が腫れ上がるという意味の沖縄方言から。おきなわきょうちくとう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android