コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みふくらぎ ミフクラギ

1件 の用語解説(みふくらぎの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

み‐ふくらぎ

キョウチクトウ科の常緑小高木。キョウチクトウに似た五裂する筒型の白い花をつける。インド半島東南アジア琉球諸島などに分布。種子や乳液に毒があり、殺鼠剤(さっそざい)などに用いられる。名称は、触れると目が腫れ上がるという意味の沖縄方言から。おきなわきょうちくとう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みふくらぎの関連キーワードキョウチクトウ(夾竹桃)夾竹桃草夾竹桃丁子草定家葛うちくる谷狂竹ミフクラギキョウチクトウスズメセイヨウキョウチクトウ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone