コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ものかは モノカハ

2件 の用語解説(ものかはの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もの‐かは

[連語]《形式名詞「もの」+連語「かは」》活用語の連体形、一部の助詞に付く。
(多く「…もものかは」「…はものかは」の形で)ものともしない。物の数ではない。なんでもない。そっちのけにする。「世間の非難も―政策を断行する」
「待つ宵のふけゆく鐘の声聞けばかへるあしたの鳥は―」〈平家・五〉
終助詞的に用いる。
㋐強い反語の意を表す。…だろうか、いやそうではない。…ことはない。
「すべて、月、花をば、さのみ目にて見る―」〈徒然・一三七〉
㋑強く驚き感動する意を表す。…ものではないか。…ことよ。
「この矢あたれと仰せらるるに、同じものを中心(なから)にはあたる―」〈大鏡・道長上〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ものかは

( 連語 ) 〔形式名詞「もの」に係助詞「か」「は」の付いたもの〕
からの残存用法〕 文中にあって、係助詞「も」などを受けて、上の語の表す物事がたいしたことではないという意を表す。…ももののかずではなく。…をも問題にせず。 「台風も-、出かけていった」 「激しい非難も-、断固計画を実行する」
文末用法。
活用語の連体形に付く。
強い反語の意を表す。…であろうか、いや…ではないのだ。 「天の原踏みとどろかし鳴る神も思ふ仲をば離くる-/古今 恋四」 「花はさかりに、月はくまなきをのみ見る-/徒然 137
強い感動の意を表す。…であることよ。 「この矢あたれと仰せらるるに同じものを中心なからにはあたる-/大鏡 道長
助詞「は」を受け、もののかずではない、問題ではないなどの意を表す。 「待つ宵のふけゆく鐘の声聞けばかへるあしたの鳥は-/平家 5

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ものかはの関連キーワード活用連語形式名詞避らぬ別れ誰しもならんものかなものぞと・ふ何どかはのであ・る

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ものかはの関連情報