やがる(読み)ヤガル

  • 助動

デジタル大辞泉の解説

[助動][やがら|やがり・やがっ|やがる|やがる|やがれ|やがれ]《補助動詞「上がる」から》動詞の連用形、助動詞「れる」「られる」「せる」「させる」の連用形に付く。軽蔑や憎しみなどの気持ちを込めて、相手の動作をいう意を表す。「あいつめ、とんだうそをつきやがった」「あんなやつに負かされやがって」
[補説]近世以降、男性のぞんざいな調子の会話で用いられる。「…(し)ている」に「やがる」の付いた「…(し)ていやがる」は、「…(し)てやがる」となることがある。また、その前の連用形の末尾の音と融合して、「どこへ行きゃあがった」のように「…ゃあがる」となることもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘助動〙 (活用は「やがら・やがり・やがる・やがる・やがれ・やがれ」。「あがる(上)」の変化した語) 動詞の連用形に付けて、相手や他人の動作を軽蔑したり、ののしったり、憎んだりする気持を表わす。近世以降、「あがる」と並んで用いられ、さらに「やあがる」と変化した形でも用いる。なお、「ていやがる」の略「てやがる」の形をとることもある。
※歌舞伎・暫(1714)「わるくそばへ立(だて)をしやがると、投込みへほふりこむぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android