コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイコナル eikonal

1件 の用語解説(アイコナルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アイコナル【eikonal】

幾何光学において,光学系を通って物空間から像空間への光線が通る道筋を与える関数。幾何光学の結像においては,物空間の1点P0を通り屈折や反射を経て像空間の1点Pにいたる光線は,2点間の光学距離が最短になるような道筋を通る(フェルマーの原理)。これを数式で表すと,として,δL=0となることを意味する(nは屈折率,sは光路の長さ)。この原理を偏微分方程式で表現すると|grad V(P0,P)|2n2となり,nが与えられたときに光線が実際に通る道筋が得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アイコナルの関連キーワード火面幾何光学光学光線束電子光学物理光学光学系アベラシオン反射光学系シェルツァーの伝達関数

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone