コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイゴ アイゴSiganus fuscescens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイゴ
Siganus fuscescens

スズキ目アイゴ科の海水魚。磯釣りの対象として人気がある。全長 30cm。体高は高く,側扁する。腹鰭の両側にとげがあり,ここに毒腺がある。海藻の多い礫底にすみ,体色を瞬時に変化させる。雑食性であるが海藻類を主食とする。7~8月に粘着卵を海藻に産みつける。本州中部以南,ポリネシアオーストラリアアフリカの海域に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アイゴ

アイゴ科の魚。地方名はバリ,アイなど。全長30cm以上になる。本州中部〜インド洋に分布し,磯魚で植物性の餌を好む。腹びれの外側と内側に1本ずつ,しりびれに7本のとげがあるのが特徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アイゴ【Siganus fuscescens】

スズキ目アイゴ科の海産魚(イラスト)。体は長楕円形で側扁し,非常に小さい円鱗をもつ。全長30cm以上になる。この類は3軟条の前後に棘(きよく)があるという他の類には見られない腹びれをもっており,両棘類とも呼ばれるウサギのような顔をしているというので英名はrabbit fish。背びれ,しりびれ,腹びれの棘には毒腺があり,刺されるとひどく痛むので,富山でイタイタイタダイ,山口でオイシャの別名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイゴ
あいご / 藍子
rabbitfish
[学]Siganus fuscescens

硬骨魚綱スズキ目アイゴ科に属する海水魚。アイ、アエなどの地方名がある。中部日本から西部太平洋、インド洋の浅海に分布する。体は長卵形で側扁(そくへん)し、淡褐色の地に白点が散在する。腹びれの前後両端にそれぞれ1棘(きょく)、臀(しり)びれに7棘あることが特徴で、スズキ目の他種と容易に区別される。鱗(うろこ)は小さな円鱗(えんりん)で、無鱗の感じを与える。岩礁域で群泳し、海藻を好んで食べ、ときには底部の小動物も食べる。体長は50センチメートルに達し、アイゴ類ではもっとも大きく、釣りの対象ともなる。夏季に粘着性の卵を産む。近縁種にはヒフキアイゴなど十数種いるが、いずれも熱帯の浅海に多い。各ひれのとげは矢羽状で、くぼんだ部分には毒液を分泌する細胞が多数並び、これに刺されると細胞が破れて、毒液が注入され、激痛を与えるので、取扱いには注意が必要である。肉は磯(いそ)臭さがあり、食用魚としての価値は高くないが、冬季にはその臭さが少なくなり、塩焼きや煮つけにするとおいしい。[井田 齋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アイゴの関連情報