アイスフォール(英語表記)icefall

翻訳|icefall

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイスフォール
icefall

氷瀑とも呼ぶ。山岳氷河河床が急に傾斜を増すところで,氷河流速に変化が生じクレバス (氷河の亀裂) やセラック (氷塔) を生じる。常に崩壊の危険にさらされているため,登路とするにはやっかいな障害となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

アイスフォール【icefall】

登山用語。氷の滝。氷河が急斜面を滑り落ちる所や氷河の支流が主流と合流する所などに生じる。表面に裂け目ができ、危険。氷瀑ひようばく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイスフォール
あいすふぉーる
ice fall

氷河が滝のように急な傾斜で流下する部分のこと。氷瀑(ひょうばく)ともいう。カールKar(ドイツ語)の末端部など、氷河底の基盤岩に急傾斜の階段状地形がある場所で生じる。氷河は強い伸長応力を受けて割れ、多数のクレバスcrevassesをつくる。縦横に走るクレバスに囲まれた氷の塊は巨大な柱や塔のような形状を示し、セラックsrac(フランス語)とよばれる。セラックはきわめて不安定で、氷河の流動に伴って崩壊するので、セラック帯をつくるアイスフォールは、登山上の障害となることが多い。アイスフォールの下流側には、下流側に凸面を向けたオーギブ(オージャイブ)ogiveとよばれる規則的な横縞(よこじま)模様が氷河表面にできることがある。冬にアイスフォールを通過した氷は白いが、夏に通過した氷は融解と凍結とを繰り返すので青い氷となる。オーギブはこうした氷河の流動から生じた模様で、オーギブの間隔(50~200メートル)は、氷河が1年間に流動する距離に相当する。[小野有五]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

アイス‐フォール

〘名〙 (icefall 「氷の滝」の意) 登山用語。氷河の傾斜部が滝のような絶壁になった所。
※アラビア遊牧民(1966)〈本多勝一〉二「アイス・フォール(氷瀑)の横断」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のアイスフォールの言及

【登山】より

… アイスバイルEisbeil[ドイツ]ピッケルのブレード部分がハンマー状になり,ハーケン等も打ちこめるようになった登攀用具。 アイスフォールice‐fall氷瀑(ひようばく)。氷河が急斜面を流れるときや急に曲がる所にできる。…

【氷河】より

…流動に伴い氷が過度のひずみを受けると,伸張によって破壊され,深い割れ目クレバスcrevasse(フランス語)が形成される。その極端な場合が氷瀑(アイスフォールicefall)である。また圏谷壁との間に生じた割れ目をベルクシュルントBergschrund(ドイツ語)という。…

※「アイスフォール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android