アイゼンシュタイン(英語表記)Ferdinand Gotthold Max Eisenstein

世界大百科事典 第2版の解説

アイゼンシュタイン【Ferdinand Gotthold Max Eisenstein】

1823‐52
ドイツの数学者。ベルリンのユダヤ系の家に生まれた。父が事業に失敗を重ね,不幸な家庭環境に育ったが,幼時より数学的思考に興味をもち,中学,高校で数学に卓抜した才能をあらわし,大学の専門過程の講義に出席していた。21歳のときにはA.L.クレレの主宰する有名な数学専門雑誌に多数の論文を発表した。しかし経済的には不安定で,また鬱病に悩まされ,彼の才能と人がらを愛したフンボルトAlexander Hunboltの好意で,ベルリン王室関係の援助を得て,かろうじて生活を続けた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイゼンシュタイン
あいぜんしゅたいん
Ferdinand Gotthold Max Eisenstein
(1823―1852)

ドイツの数学者。1840年代、ディリクレやヤコービらとともに活躍した。ベルリン大学講師。1844年、三次体の単数群の研究を行い、さらにガウスの二べき剰余の相互法則を三べき剰余の理論に発展させ、のち1924年に、ハッセが導いた一べき剰余の相互法則の萌芽(ほうが)とした。またガウスの二次形式の理論を、三元二次形式の理論へと発展させたり、整数論的な級数の研究でも知られているが、今日、代数学の教科書で有名なのは次の定理である。
  f(x)=a0+a1x+……+anxn
において、係数a0,a1,……,anは整数で、anが素数pの倍数でなく、a0,a1,……,an-1がすべてpの倍数で、しかもa0がp2の倍数ではないとすると、f(x)は既約である。[寺田文行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

アイゼンシュタイン

生年月日:1823年4月16日
ドイツの数学者
1852年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アイゼンシュタインの関連情報