コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイヒホルン アイヒホルン Eichhorn, Johann Gottfried

3件 の用語解説(アイヒホルンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイヒホルン
アイヒホルン
Eichhorn, Johann Gottfried

[生]1752.10.16. デレンツィンメルン
[没]1827.6.27. ゲッティンゲン
ドイツの聖書学者。オリエント学者。ゲッティンゲン大学に学び,イェナ大学の東方言語学教授 (1775) ,ゲッティンゲン大学哲学教授 (88) となる。聖書と他のセム語諸文献との比較研究を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アイヒホルン
アイヒホルン
Eichhorn, Karl Friedrich

[生]1781.11.20. イェナ
[没]1854.7.4. ケルン
ドイツの法学者。 1817~29年ベルリン大学教授。 F.サビニーとともに『歴史法学雑誌』 Zeitschrift für Geschichtliche Rechtswissenschaftを創刊。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイヒホルン
あいひほるん
Karl Friedrich Eichhorn
(1781―1854)

ドイツの法学者。神学者ヨハン・ゴットフリート・アイヒホルンの子。ゲッティンゲン大学で、ピュッターとシュレツァーから国法学、帝国史、政治学を、フーゴーから歴史法学を学んだ。1803年同大学の講師を経て、1805年以後フランクフルト・アン・デア・オーデル、1811~1816年ベルリン、1817~1829年ゲッティンゲン、1832~1833年ふたたびベルリンの各大学の教授を歴任した。1834年以後は、官吏として要職につき、1847年に退官。主著『ドイツ国家―法制史』(1802~1823)によりドイツ法制史の父とされる。また、サビニーと並ぶ歴史法学派の定礎者として知られ、サビニー、ゲシェンに協力して、1814年から『歴史法学雑誌』を刊行し、自らも「ドイツ法の歴史的研究について」などの論文を寄稿した。主著に、前記のほか『ドイツ私法序説』(1823)がある。[杉田孝夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイヒホルンの関連キーワードカレンツでれ助パデレフスキーグリンツィングダヌンツィオで・れるプリンツィプ橋ハンツィデレン岩ラウレンツィア図書館

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone