アイボール(英語表記)i-Ball

デジタル大辞泉「アイボール」の解説

アイ‐ボール(i-Ball)

国際宇宙ステーションISS)に物資を運ぶ軌道間輸送機こうのとり(HTV)の大気圏再突入のデータ収集装置。空力加熱により船体が燃える様子を捉えるカメラを搭載し、温度や加速度の随時計測、および散乱・落下する部品の位置情報の取得を行う。平成24年(2012)7月に打ち上げられたHTV3号機に搭載。同年9月、大気圏再突入後、南太平洋への着水が確認され、データの収集に成功した。

アイボール(eyeball)

眼球。目。
アマチュア無線で、通信相手と実際に会うこと。「アイボールミーティング」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android