コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大気圏再突入 たいきけんさいとつにゅう

2件 の用語解説(大気圏再突入の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大気圏再突入【たいきけんさいとつにゅう】

宇宙船や人工衛星宇宙空間から惑星の大気圏に突入すること。空気との摩擦による高熱と非常に大きな減速度への対応が重要な課題になる。初期の宇宙船は突入の経路を弾道軌道としており,減速度が大きくまた着地点の変更も不可能だったが,ジェミニ宇宙船やアポロ宇宙船は揚力を利用する方式に変わり,さらにスペースシャトルでは完全な飛行能力をもつに至っている。
→関連項目アポロ宇宙船

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たいきけんさいとつにゅう【大気圏再突入 atmospheric reentry】

人工衛星や宇宙船が宇宙空間から惑星の大気層に突入すること。単に再突入reentryという場合も多い。再突入過程は,非常に大きな速度で落下していく機体に対して大気層をクッションとして利用し,無事に地表面などに到達,帰還させるものであるが,同時に空力加熱や高減速度といった問題も含んでおり,その対策はつねに重要な課題の一つとなっている。 突入中の経路は,機体の揚力の有無によって揚力軌道弾道軌道に大別される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大気圏再突入の関連キーワード宇宙遊泳科学衛星再突入ドッキング宇宙開発宇宙空間宇宙物理学GSFC地球外生命HEOS

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大気圏再突入の関連情報