コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイリングの式(反応速度の式) Eyring's equation

法則の辞典の解説

アイリングの式【Eyring's equation】

(1) 絶対反応速度論において重要とされる公式の一つ.活性錯合体(activated complex)の濃度を Cで表したとき,反応速度 R は次のような式で表現できる.

ここで kT/h は,古典論における結合の振動周波数に当たり,CT は活性錯合体から生成物が生じる確率である.

(2) アイリングは活性錯合体が次のような性質をもつと仮定して,反応速度の式を導いた.その仮定はすなわち,(1)活性錯合体は安定分子と同じように熱力学の諸法則が適応される,(2)活性錯合体は原系と平衡を保っている,というのである.すると,二分子素反応の速度定数 k は次のように表すことができる.

ここでFAFB は原系分子A,Bそれぞれの分配関数であり,F は活性錯体の分配関数のうちから,反応座標に沿った一次元の振動自由度のぶんを除いたもの,E0 は原系と活性錯合体との振動基底順位間のエネルギー差である.κ は透過係数と呼ばれる補正項で,実際の反応速度と,理論的に導かれる反応速度の比を表す.kBボルツマン定数*(普通なら k だが,反応速度定数 k と区別するためにここでは kB が用いられている)である.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

アイリングの式(反応速度の式)の関連キーワードノリス‐アイリングの残響公式ミリントンの残響公式セイビンの残響式ボルツマン定数分配関数

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android