コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウォロウォ アウォロウォ Awolowo, Obafemi

2件 の用語解説(アウォロウォの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アウォロウォ
アウォロウォ
Awolowo, Obafemi

[生]1909.3.6. 南部ナイジェリア保護領,イケンネ
[没]1987.5.9. ナイジェリア,イケンネ
ナイジェリアの政治家。独立と民族主義を強く主唱した。農民の子に生まれ,初め教師を目指したが,その後事務員,商人,新聞記者として働きながら,労働組合を組織した。1944年にロンドンに留学して法律を学ぶ一方,ヨルバ族文化団体を設立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アウォロウォ
あうぉろうぉ
Obafemi Awolowo
(1909―1987)

ナイジェリアのナショナリスト、政治家。ヨルバ系。西部州イケネに生まれ、アベオクタイバダンミッション・スクールで教育を受け、さまざまな職業を経験した後、ナイジェリア自動車運輸組合などを組織し、ナイジェリア青年運動(NYM)に参加、その西部州書記を務めた。同時に、ロンドン大学の通信講座を受け、1944年商学士の称号を授与された。ロンドンへ留学し、弁護士の資格も取得。1945年にヨルバ文化を推進する文化団体エグベ・オモ・オドゥドゥワEgbe Omo Oduduwa(ヨルバの神の子孫たちの会)を組織し、『ナイジェリア解放への道』Path to Nigerian Freedom(1947)を著す。1947年に帰国後、西部州を中心に独立運動を進め、1950年3月に行動党(Action Group、略称AG)を組織し、1951年3月に正式に発足。1954年には、西部州の首相となり、初等義務教育制度、農村地域の保健事業の改善などを図った。1959年、西部州首相を辞任して、連邦選挙に出馬したが、敗北を喫し、北部州の北部人民会議(NPC)と、イボ人を主体としたナイジェリア市民会議(NCNC)の連合政権下に、野党リーダーとなった。1962年、行動党(AG)の西部州アキントラ首相との対立による西部州議会の混乱のなか、1963年、反逆罪の廉(かど)で10年の刑を受け投獄されたが、1966年7月のクーデター後の軍部政府によって釈放された。1967年には、ゴウォン軍部政府の財務相を務めたが、1971年に軍部の政権継続を拒否して辞任した。
 1979年の民政復帰にあたり、ナイジェリア統一党(UPN)を結成し、1979年、1983年の選挙で、大統領候補として出馬したが、ともに北部を地盤とするナイジェリア国民党(NPN)のシャガリに敗れ、野党リーダーにとどまった。1983年12月、シャガリ政権の崩壊とともに引退し、1987年5月9日生地イケネで死亡。民族集団を基盤とした連邦制を唱え、社会民主主義的なナショナリストとして、またヨルバ文化推進のリーダーとして、生涯変わらず活動した。[中村弘光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アウォロウォの関連キーワードジェリコナイジェリアマラディランジェリーロコジャカラバービアフラベヌエ[川]ナイジェリア国民党ナイジェリア連邦共和国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone