コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウストロアジア語系諸族 アウストロアジアごけいしょぞく

世界大百科事典 第2版の解説

アウストロアジアごけいしょぞく【アウストロアジア語系諸族】

アウストロアジア語族に属する言語を話す諸族の総称。中部インドからインドシナ半島にかけて分布し,その経済形態も,マレー半島セマン族やタイ,ラオス山地のピー・トン・ルアン族のような採集狩猟民ニコバル諸島民のようなイモ類・果樹栽培民,ベトナム中部・南部からラオス,カンボジアにかけての山地諸族(モイ,カー,プノンなどで,モンタニャールと総称する),北タイのラワ族や中国雲南のワ族のような焼畑稲作民,インドのムンダ族のような棚田耕作民,ベトナム人クメール族モン族のような平地水稲耕作民にわたっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アウストロアジア語系諸族の関連キーワードチョタ・ナーグプルカーシ族

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android