コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウストロアジア語系諸族 アウストロアジアごけいしょぞく

1件 の用語解説(アウストロアジア語系諸族の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アウストロアジアごけいしょぞく【アウストロアジア語系諸族】

アウストロアジア語族に属する言語を話す諸族の総称。中部インドからインドシナ半島にかけて分布し,その経済形態も,マレー半島セマン族やタイ,ラオスの山地のピー・トン・ルアン族のような採集狩猟民ニコバル諸島民のようなイモ類・果樹栽培民,ベトナム中部・南部からラオス,カンボジアにかけての山地諸族(モイ,カー,プノンなどで,モンタニャールと総称する),北タイのラワ族や中国雲南のワ族のような焼畑稲作民,インドのムンダ族のような棚田耕作民,ベトナム人クメール族モン族のような平地水稲耕作民にわたっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アウストロアジア語系諸族の関連キーワードアウストロネシア語族アルメニア語オーストロアジア語族クメール語ベトナム語アウストロアジア語族南アジア語族コーカサス諸語モンクメール語族インドの言語

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone